03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 管理会計クラウドを導入するとどう変わる?

管理会計クラウドを導入するとどう変わる?

管理会計は会社にとって重要なものであり、おろそかにしてはならないもの。手作業ですべてを行うのは難しいことから、管理会計システムを利用することが増えています。

管理会計システムや管理会計ソフトにおいて、近年注目されているのがクラウドと呼ばれるタイプのシステムです。クラウドとはどのようなシステムで、どういった利点があるのでしょうか。

ここでは、管理会計システムの特徴や、クラウド化のメリットなどについてご紹介します。

管理会計クラウドとは

管理会計は企業の方針を決定したり、軌道を修正したりと、会社の運営にとって大切な業務のひとつです。中小企業にはまだ広くは普及していませんが、多くの大企業ではすでに管理会計が導入されています。この管理会計をクラウド化するということは、具体的にどういったことで、またどのようなメリットがあるのでしょうか。

従来の管理会計ソフト・システムとクラウドの違いについて簡単にご紹介します。従来の管理会計ソフト・システムを会社に導入する場合は、まず自社でサーバーを用意し、そこにソフトをインストールしてから、サービスを利用していました。一方、クラウドの場合は自社のサーバーにシステムをインストールするのではなく、インターネット上で提供されているサービスを利用することになります。

管理会計ソフトやシステムをクラウド化するメリットとしては、自社でサーバーやソフトを用意する必要がないため、導入コストを抑えることができるという点があげられます。またインターネット環境が整っていればどこからでもアクセスできるので、本社や支社、各拠点間での情報共有も容易になります。つまり、インターネット環境さえ整っていれば、社内だけではなく出張先などのあらゆる場所から現状を常に把握することができます。リアルタイムで会社の状況を把握できるというのは、大きなメリットだといえるでしょう。

管理会計をクラウド化するとは

管理会計ソフトと管理会計クラウドの違いを、もう少し詳しくご説明します。

従来の自社サーバーにインストールするタイプの管理会計ソフトはオンプレミス型やパッケージ型と呼ばれています。クラウドと違ってサーバーやソフトを用意する必要があり、初期費用はかかりますが維持コストはそれほどかかりません。また、自社のネットワーク下で運用するためセキュリティ面が安心で、カスタマイズ性が高いという点もメリットです。

クラウド型の最大のメリットは、前項でご紹介したとおりどこからでもアクセス可能な利便性の高さです。このほか、導入コストを抑えられること、アカウント登録後すぐに使用できることなどもメリットです。逆に注意すべきこととしてはセキュリティ面があります。クラウドはインターネット上で利用するため、複数のユーザーが同じシステムにアクセスします。そのため、オンプレミス型に比べてセキュリティ面に不安があるのも事実です。また、場合によってはカスタマイズ性が低いこともあるため、将来的に独自システムに切り替えたい場合はその点にも注意を払うことが必要となります。

管理会計システムの導入について

管理会計には、さまざまな事柄について前月や前年などと数字比較を行い、経営方針や目標と照らし合わせ軌道を修正するという目的があります。そのなかでは当然、集計作業や計算作業も行わなければならず、これを手作業で行うのは担当者にとって大きな負担となります。Excelなど表計算ソフトを使って管理することもできますが、マクロやテーブルを自分たちで作ることは時間がかかりますし、また担当者がいなくなると使用方法が誰もわからないような状況になる可能性もあります。しかし、管理会計システムであればすでに完成しているシステムであるため、自分たちで何かを作る必要もなく手順を覚えれば誰でも使うことができます。集計や計算もすべて自動で行ってくれるため、負担は大きく減ります。

こうしたことから、管理会計システムを導入することで、管理会計業務の効率化を図ることができます。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談