03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 自社に見合ったものを選ぶための管理会計ソフト比較

自社に見合ったものを選ぶための管理会計ソフト比較

近年、管理会計ソフトを利用する企業が増えています。管理会計ソフトを利用すれば、手作業での業務より高い効率で業務を進めることができます。しかし、管理会計ソフトにはさまざまな種類があるので、その選択が難しいのも事実です。ここでは、いくつかの管理会計ソフトを比較し、それぞれの特徴や違いについてご紹介します。

管理会計ソフトの比較

冒頭でもふれたように、管理会計ソフトにはさまざまな種類があります。それぞれで利用できる機能や製品の形態、料金などが異なるため、会社に導入する際にはどのソフトが自社に適しているかをよく調べる必要があります。ここでは、各社から提供されている管理会計ソフトの一例についてご紹介します。

  • ・A社
  • A社が提供している管理会計ソフトは、主に従業員100名以上の企業を対象としています。製品形態にはオンプレミス、クラウド、ASPがあり、目的に合わせて選ぶことができます。財務会計や管理会計が中心ですが、債権債務管理や総合資産管理、連結決算など、会計に関するさまざまな業務の効率化を図ることができます。

  • ・B社
  • B社が提供している管理会計ソフトは、主に従業員50名以上、5,000名未満の企業を対象としています。製品形態はオンプレミス、クラウド、パッケージ、SaaSがあり、目的に合わせて選ぶことができます。さまざまな会計業務に対応し、管理会計では最大10種類のセグメント管理機能を搭載しており、高度な管理会計を行うことができます。

  • ・C社
  • C社が提供している管理会計ソフトは、主に従業員50名以上の企業を対象としています。製品形態はオンプレミス、パッケージ、SaaS、ASPがあり、目的に合わせて選ぶことができます。財務会計と管理会計が一体となった会計情報システムが構築されており、各業務システムとのシームレスな連携が可能となっています。

  • ・D社
  • D社が提供している管理会計ソフトは、主に従業員100名以上、500名未満の企業を対象としています。製品形態はクラウド、SaaS、ASPがあり、目的に合わせて選ぶことができます。財務会計業務と管理会計業務を支援するための会計ソフトであり、消費税改正など法改正にも迅速に対応できます。

どのような使い分けを考えればよいのか

前項でご紹介したように、管理会計で利用できるソフトにはさまざまな種類があります。そのなかで、どの管理会計ソフトを導入するかは悩むものです。

そこで、まず考えるべきは自社の規模と管理会計ソフトが推奨する規模とが合っているかどうかです。管理会計ソフトの機能のなかには、従業員が1,000名を超えるような大企業でないとあまり必要としない機能もあります。従業員100名程度の中小企業がそういった管理会計ソフトを使用した場合、困ることはありませんが、持て余してしまうことはあります。大企業用の高性能な管理会計ソフトは費用もかかるため、会社規模に合わないソフトを導入することは経済的ではありません。

また、サポートやマニュアルが充実しているかどうかもポイントです。特に、初めて管理会計ソフトを利用する場合はやりたい作業をソフト上でどう操作すれば良いのかわからなくなることもあります。そうしたときに、サポートやマニュアルが充実していれば安心できます。

SKit FLEXiのメリットとは

SKit FLEXiは、クラウド型の統合基幹業務システムです。一般会計や管理会計だけでなく、販売管理や仕入管理、在庫管理などさまざまな業務をこのソフトひとつで行うことができます。クラウドであるため事業拡大や縮小にもスピーディーに対応することができ、業務や業態に沿った機能を発揮できる柔軟性を持ち合わせています。

また、SKit FLEXiは様々な業務プロセスに合わせた対応が可能なので、あらゆる企業で業務の効率化を図ることができます。こうした機能性や柔軟性の高さは、SKit FLEXiの大きなメリットだといえます。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談