03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 業界によっても異なる?さまざま業界の仕入について

業界によっても異なる?さまざま業界の仕入について

商品の製造・販売を行う業種はさまざまであり、それぞれの業界によって異なる点も多いもの。仕入管理もそのひとつで、業界毎に管理法や問題点は異なります。ここでは業界毎の仕入管理方法や重視するポイント、問題点などについてご紹介します。

業界毎の仕入管理とは

飲食店仕入れや小売り仕入れなど、各業界によって商品仕入れや仕入管理で注目すべきポイントは異なります。なかでも、発注時に仕入単価が決定しているか否か、仕入商品の属性情報、仕入情報の取り扱いには注意が必要です。

一つ目は仕入単価について。一定の在庫品の場合、単価変動はあまりありません。しかし、都度の仕入品に関しては事前に見積りを取得する(仕入単価がわからないと売り単価が算出できない)場合のほか、仕入価格を後決めする(先に発注し、仕入締めまでに単価を確定する)場合があります。後決めの場合は仕入先から納品書が届いてからの照合・確認に始まり、最終的には営業確認が入るなど仕入が確定するまでに多大な工数と時間がかかります。

二つ目は仕入商品の属性について。一般的にはトレーサビリティに代表されるロット番号や製造番号等、商品情報だけでなく品番・品名が同じでも一品一様管理が必要な場合は、仕入登録時にこれらの属性情報が必須であり、その属性単位に在庫管理が行われなければなりません。また、その商品をどのお客様に販売したのかの管理も必要になってきています。こうした属性は、仕入先から納品書が届いた時点で登録することも可能ですが、仕入の前に在庫計上されているのが一般的なので、やはり入荷時点でこうした仕入属性を登録する必要性が出てきます。仕入管理というより、入荷検品時に在庫属性として登録する必要があるのです。

三つ目は仕入情報の電子化について。納品書を電子化して照合作業を簡潔にしたり、仕入業者の端末に発注を行い仕入情報をダウンロードしたりと、仕入先のシステムを利用する場合も増えてきています。こうしたことは今後も増加していくことが予想され、その流れに対応していくことが先決となる時代になってきました。ただ、システム間ということもあり、無駄な業務の削減、たとえば同一キーで照合し、差異部分だけを人が管理できるようにするように、単純な人による照合では追いつかなくなるため、仕入先のシステムを有効に利用することも今後重要なテーマになってきます。

一般的な仕入管理は基礎として、仕入情報というのは企業の生命線となりシステム化について重点的に取り組むことで、業務効率化と精緻化に結びつくと考えらます。

SKit FLEXiのおすすめポイント

現在は情報技術の発達により、仕入管理でもパソコンが利用されることが増えています。仕入管理ソフトはいくつか種類があり、どれを選ぶかは悩むものです。

SKit FLEXiも、仕入管理で利用できるソフトのひとつです。SKit FLEXiはクラウド型の統合基幹業務システムで、仕入管理だけでなく多くの関連作業を行うことができます。クラウド型のソフトであるため対応力が高く、事業規模の拡大や縮小、業態変化などにも柔軟に対応することができます。またSKit FLEXiは単にシステム運用するだけではなく、各企業に合わせたカスタマイズや業務に踏み込んだサポートなど、システムの利用をトータルにサポートしています。こうした多彩なメリットにより、運用負荷の軽減や業務の効率化が可能となっています。

SKit FLEXiは化学製品卸売業や建築材料卸売業、造園工事業、プラスチック製造業、医薬品卸売業など幅広い業界の企業が導入しており、システムコストの削減や業務の効率化、システム要因の削減などを実現しています。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談