03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > キャッシュフローを改善する債権管理と債務管理

キャッシュフローを改善する債権管理と債務管理

債権や債務を適切に管理することができれば、企業のキャッシュフローを改善することができます。しかし、債権と債務のそもそもの違いや、それぞれができることなど、債権管理・債務管理についてはわからない方も多いと考えられます。ここでは債権管理と債務管理の違いや、それぞれの要素について説明し、最後にシステムを導入することで得られるメリットについてご紹介します。

債権管理と債務管理とは

債権管理と債務管理は、いずれも経理の分野で必要とされる業務です。名前が似ていることからもわかるように、ふたつの業務の関係は深いといえます。まずは、これらの業務内容についてご紹介します。

債権管理は、売掛債権管理ともいいます。債権とは相手方に金銭などを請求し、それを実行させる権利のことをいいます。これを管理するのが債権管理であり、取引先は信用できるのか、請求書どおりの支払いを行っているかなどを確認し、相応の対応を行います。企業同士の取引は基本的に掛取引であり、商品と代金がその場で交換されるわけではありません。先に商品を送り、代金はあとで発行される請求書によって支払われます。この代金をきちんと回収、あるいは回収リスクをコントロールするのが、債権管理の大きな目的です。

債務管理は買掛債務管理ともいうもので、債権管理とは逆の業務になります。債務とは債権者に対して約束した支払いをしなければならない義務のことで、これを管理するのが債務管理です。品物の購入や契約、仕入計上、債務残高の管理などが業務として行われます。支払いが滞ると会社の評判は悪くなり、得意先との信頼関係も崩れてしまうため、企業の運営にとって無くてはならない業務だといえます。

債権管理、債務管理のそれぞれの項目について

債権管理と債務管理の大まかな内容については、前項でご紹介したとおりです。そうした債権管理や債務管理は、債権管理システム・債務管理システムを利用することで効率よく行うことができます。ここでは、債権管理システム・債務管理システムの便利な機能について、その一部をご紹介します。

債権管理システムでは、マッチングや債権消込処理を自動化することができます。請求額と振込データのマッチング作業や明細と入金額を照らし合わせて消し込む作業は面倒であり、ミスが発生しやすい部分でもあります。こういった部分を自動化できるのは、業務の効率化に大きく貢献します。

債務管理システムでは、支払予定額や支払方法といった条件を仕入先毎に設定できます。これにより、支払方法の確定までの作業を自動化することができます。また、都度口座や支払方法を指定するスポット支払処理にも対応できるため、単発の取引が多い場合にも便利です。

債権管理と債務管理システムの導入について

前述したように、債権管理システムや債務管理システムには便利な機能が搭載されています。これらを利用することで、大きなメリットがいくつか生まれます。

たとえば債権管理システムの場合、債権回収を効率よく行うことができるようになります。債権管理では請求をきちんと行うこと、期限が過ぎた債権を見逃さないことが大切です。債権管理システムを導入すれば回収のスケジュールを取引先毎に設定することができ、これを可視化して管理することができます。請求履歴の記録や検索もできるため、スピーディーな対応が可能です。

債務管理システムを導入すれば、債務状況や弁済期などを正確に把握することができるようになります。債務状況をきちんと把握していなければ支払いが遅れ、信用を失うことになります。これは、企業にとって大きな損失です。債務管理システムでは取引毎に債務状況を管理することができ、それを一覧で確認できるためこういった失敗のリスクは大きく低減します。

こうしたことから、債権管理システム・債務管理システムは導入する価値のあるものだといえます。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談