03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 業務を効率化する売上管理ソフトのおすすめポイント

業務を効率化する売上管理ソフトのおすすめポイント

売上管理は会社にとって重要な業務であり、適切に行えば大きなメリットがあります。そのため、売上管理ソフト・売上管理システムを導入しているケースも多くあります。売上管理ソフト・システムはさまざまな種類がありますが、どういった基準で選べばいいのかは分からないこともあります。ここでは、売上管理ソフト・システム導入するメリットやおすすめポイントなどについてご紹介します。

売上管理ソフト・システムのおすすめポイント

売上管理ソフト・システムの基本機能は、売上伝票登録機能、納品書出力機能、請求書出力機能です。そして、最も違いが出やすいのが、売上分析機能となります。

売上伝票登録機能では、売上日・得意先・商品・数量・単価・金額は必須項目ですが、それ以外の項目は何があるのかがポイントです。特に、コメント欄の拡張性、項目の拡張性が重要です。これはそのまま売上管理・売上分析に直結します。得意先・商品はマスターとの連動性、単価欄では単価マスターの連動性、数量や単価は入力ミス防止方法、原価情報の登録、粗利の算出、少し高度化すると与信管理との連動もされます。便利機能では、伝票雛形の登録や過去伝票の登録があげられます。業務的には、伝票検索の方法もチェックしておくべきポイントです。

納品書出力機能では、納品書の設定フォーマットは複数対応可能か、指定納品書の設計が自由にできるのか、出力方式は紙だけでなくFAXやメールと連動しているか、ということがポイントです。

請求書出力機能では、基本的には納品書と同じですが、締め方法のパターンの豊富さがポイントとなります。全社一括、部署一括、締め単位・グループ単位等に対応しているかということです。昨今では、仮締め・本締めができるかもよく問われる内容です。請求書の出力についても紙だけでなく、近頃ではPDF化やWeb対応といった郵送に代わる手段で対応できるかという点も機能として注目されています。

売上分析機能で一番大切なのは、分析できる切り口のパターンがどれだけあるかということです。単純な金額集計だけではなく、組織属性や得意先属性、商品特性で集計が可能か否か。計画対比、前年対比などさまざまな対比を行い、差異をチェックすることは可能か否か。出力結果は画面表示、紙出力だけでなく、CSV出力が可能か否か。こうした集計項目と出力方法が、大事なチェックポイントとなるのです。

基本の機能とポイントを複数の売上管理ソフト・システムで比較し、自社の目的やレベルアップに最も合致した売上管理ソフト・システムを選ぶ。そうすれば、担当者が伝票をわざわざ集計する業務が削減され、また手書きで行っている納品書や請求書も効率化されるので、メリットは計り知れません。

売上管理ソフト・システムの有料・無料の違い

売上管理ソフト・システムにはさまざまな種類があり、これらは無料と有料の2種類に大別されます。無料のソフトと有料のソフトとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的に、無料のソフトであっても基本的な機能は揃っているといえます。無料であっても、売上管理の業務を一通りこなすことはできます。では有料との違いは何かといえば、それこそが前項でご紹介したようなそれぞれの項目でできることの違いです。当然ながら有料ソフトのほうができることが多く、より細かい、より多様な売上管理を行うことができます。また、購入後のサポートなども有料ソフトのほうがしっかりしており、無料ソフトのなかにはサポートが受けられないものもあります。

とはいえ、有料ソフトは決して安いものではありません。まずは無料ソフトを試してみて、機能が不足している感じた場合に有料ソフトを検討してみる、というのも選択肢のひとつです。

有料ソフト・SKit FLEXiのおすすめポイント

SKit FLEXiは、有料の統合基幹業務システムです。売上管理ができることはもちろん、販売管理や仕入管理、在庫管理、会計業務、情報分析など、関連するさまざまな業務をこれひとつで行うことができます。有料ソフトならではの拡張性の高さや充実サポートもあり、あらゆる業態に対応することができます。クラウド型であるため、インターネット環境さえ整っていればどこからでもアクセスできるのも魅力のひとつです。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談