03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 業務の効率化に欠かせない在庫管理方法

業務の効率化に欠かせない在庫管理方法

在庫管理を効率的に行うには、在庫管理の方法や手順について理解しておくことが大切です。また内製化する必要もあります。ここでは、在庫管理の方法やその手順についてご紹介します。

在庫管理方法とは

物の流れは一般的に、発注業務で仕入先に注文を出すところから始まります。

仕入先から物が到着するとまず、注文内容が合っているかのチェックを行います。これは、入荷検品という業務です。ここで数量のチェックや商品のチェック、さらには品質のチェック(不良品がないか)を行います。この業務が終了すると、一旦、入庫待ちヤードで仮置きされるのが一般的です。

その後、実際の置き場に移動し、保管していきます。この保管方法には、固定ロケーションとフリーロケーションがあります。どちらの方法も、場所を特定する情報(ロケーション番号)が必要になってきます。この情報がなければ、次に出荷で物を探す場合にどこに置いたのかわからなくなるのです。ハンディターミナル等の情報機器を用いてどの商品をどの場所にどれだけ置いたのかを登録すると、在庫管理システムに登録され、在庫量が増加します。取扱商品によっては、ロット番号等のより細かな情報を在庫属性として登録することもあります。

次は出荷業務です。一般的に出荷指示がされると、倉庫には出荷対象の商品・出荷数量および保管場所が印字されたピッキングリストが出力されます。倉庫担当者は、このリストを頼りに注文品を棚から取り出します。

ピッキング作業が終了すると次は梱包作業です。ここでは、漏れがないか出荷検品を行い、バーコード等で実物の商品とピッキングリストの商品が合っているかをチェックします。この時点で問題がなければ出荷完了となり、在庫管理システムに登録されて在庫が減少します。梱包現場では納品書や送り状、荷札が出力され、これで出荷準備は完了です。この出荷業務で受払い台帳に在庫が減少したことが記録されます。この積み重ねにより、在庫情報は随時変化していくのです。

正確な発注には正確な在庫管理が必須

正確な在庫管理を実施するもうひとつの理由は発注業務にあります。発注業務で沢山発注すると不良在庫になったり、在庫スペースが足りなかったり、また少なすぎると受注時に品切れとなり、機会損失に繋がります。まさに企業にとっては生命線の業務が発注業務であり、その前提が在庫管理にあるのです。確かに、教科書にあるような発注点管理という手法もありますが、これだけ需要環境の変化が激しいと発注点管理はマスタの変数を随時変更する必要があるため対応が難しく、結局発注担当者の勘で発注をするというのが現実です。そうした発注管理だからこそ、在庫を正確に掴み管理することがますます重要になってくるのです。

物理的な在庫の管理は、アウトソーシングされるケースも増加しています。しかし、入出庫の正確性をしっかり管理し、正確な在庫情報を把握するためには、外部ではなく社内できっちり内製化することが重要になってきているのです。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談