03-3406-1604

販売管理TOP > 機能について > 導入前に見ておきたい、在庫管理ソフト比較

導入前に見ておきたい、在庫管理ソフト比較

一口に在庫管理ソフトといっても、ソフトによってできることは異なります。そのため、在庫管理ソフトを選ぶ上ではさまざまな製品を比較することが大切であるといえます。以下では、その比較ポイントについてご紹介します。

在庫管理ソフトの比較

在庫管理ソフトや在庫管理ツールにはいくつか種類があり、それぞれで機能は異なります。ここでは、各社から提供されている在庫管理ソフトの一例をご紹介します。

  • ・A社
  • A社が提供している在庫管理ソフトは、従業員10名以上1,000名未満の中小企業を対象としています。製品形態はパッケージソフトであるため、利用するためにはソフトを購入する必要があります。業種別・機能別に特化したパッケージが販売されているのが特徴で、それぞれに適した機能を利用することができます。

  • ・B社
  • B社が提供している在庫管理ソフトは、従業員10名以上1,000名未満の中小企業を対象としています。製品形態はパッケージソフトであるため、利用するためにはソフトを購入する必要があります。ロット管理やトレーサビリティ、ロケーション管理、預かり預け在庫、棚卸など、きめ細かい在庫管理機能を備えていることが特徴です。

  • ・C社
  • C社が提供している在庫管理ソフトは、中小企業から大企業まで幅広い規模を対象としています。製品形態はオンプレミス、クラウド、SaaSがあり、目的に合わせて選ぶことができます。クラウドで利用できることから利便性が高く、また見やすさと扱いやすさを追求したデザインとなっています。

  • ・D社
  • D社が提供している在庫管理ソフトは、従業員100名以上の企業を対象としています。製品形態はオンプレミス、クラウド、ASPがあり、目的に合わせて選ぶことができます。ロット別の賞味期限管理やユーザーインターフェイス設定機能など、きめ細かい機能が搭載されています。

どのような使い分けを考えればいいのか

機能的な比較を実施する場合は、基本機能と特殊機能に分けて考えます。基本機能としては、入荷関連機能、出荷関連機能、ロケーション機能、ピッキング機能、棚卸機能などがあります。これらについて、自社における入庫業務、保管業務、出荷業務、棚卸業務の基本業務ポイントが網羅されているか、また、より業務が効率的になる機能となっているかが重要な比較ポイントとなります。

特殊機能に関しては、まず自社で取り扱っている商品に関する属性を整理する必要があります。たとえば医療関係では薬事法との関係やGS1-128対応、鉄関係ではチャージNO、ミルシート対応、重量計算対応などがあげられます。こうした違いを理解した上で比較検討することが重要です。

在庫管理システムの機能を比較する場合で重要なことは、まず自社の在庫管理の特徴や改善したい内容をしっかりと整理すること。その上で多数の在庫管理ソフトを基本的機能・特殊機能ごとに比較し、自社にとって最適な在庫管理システムを選びます。また業務系の場合は、基本機能・特殊機能は適合しているにもかかわらずプロセスが異なるためにどうしてもカスタマイズが必要になってくる場合がありますので、候補である在庫管理ソフトはカスタマイズ対応可能か否かも押さえておきたいポイントです。

SKit FLEXiがおすすめな理由

これまでにご紹介したことを踏まえて、SKit FLEXiはおすすめできる在庫管理ソフトだといえます。

SKit FLEXiはクラウド型のソフトであるため、どこからでもアクセスできる利便性の高さが特徴です。各社に合わせたカスタマイズも可能であり、また事業の拡大や縮小、業態変化などに柔軟に対応することができます。在庫管理だけでなく販売管理や業務管理といった関連システムをすべて内包しているので、多くの業務との連携も可能です。

在庫管理ソフトを検討しているなら、SKit FLEXiを試してみてはいかがでしょうか。

SKit FLEXi導入インタビュー

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。

SKit FLEXi導入事例

サポート

“積水化学グループで培った基幹システム構築・運用のノウハウを活かしてお客様が抱える悩み・課題を共に解決いたします”

システム一辺倒のサービスではなく、各社固有の問題点をしっかり理解し、お客様の立場で解決策を共に考えることで、システム導入の成果を最大限に高めます。

導入支援サービス

導入支援サービス

運用サポート

“専門知識を有するシステムエンジニアが直接お答えします”

業務に関する各社固有の問題点を含む問い合わせにも、専門スタッフが対応。システムも業務も理解できるスタッフが問題解決にあたります。 システム運用開始後は、稼動システムを常に管理・監視下においているため、システムトラブルや問い合わせにも的確かつスピーディに対応することができます。

サービス内容 サービス時間
各種の問い合わせ対応
(E-mail、TEL、FAX)
【平日】9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:30
※土曜日、日曜日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

資料請求・お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、
お気軽にご相談ください。
お待ちしております。

ご検討のお客様専用ダイヤル

03-3406-1604

【平日】9:00~12:00/13:00~17:00

※土、日、祝日及び当社指定休日はサービス対象外です。

お電話でのご相談