FAXもクラウドの時代

自動FAX送信クラウドサービスで、
時間コスト大幅カット!

資料請求はこちちら

ご存じですか?
手送りFAXの「埋没業務コスト」

  • 人力による送信なので時間がかかる
  • ヒューマンエラーによる誤送信がある
  • サーバ(FAXボード)やソフトの生産・販売がすでに終了していて後継の
    選択肢も年々少なくなっている
  • システム更新のたびに、システム企業の費用が発生する
  • 回線数が少なく、送信時間にタイムラグが発生し、締め時間に間に合
    わない
  • 不達送信が確認できず、確認・再送信に多くの労力がかかる
てまいらず
  • 手送り、送信確認、再送信にかかっていた工数を削減!
  • システム更新、不要な人件費などのコストカット!
  • 大量のFAXもタイムラグなく送信!
資料請求はこちら
自動FAX送信クラウドサービス「てまいらず」が選ばれる3つの理由
1

初期費用が少ない

ご利用イメージ

クラウドサービスなので、新たに専用サーバを用意する必要はなく、お客様が作成した帳票イメージがそのまま活用できるので、開発の工数が少なく、
初期開発費用をおさえることができます。(テキストデータ作成ツールとデータ転送のアプリケーション開発のみ必要となります)
また、ボリューム増にも、お客様側で独自に設備を用意する必要はありません。
※インターネット版/テキスト入力版 2つのタイプをお客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

2

19円/枚~の納得の料金体系

基本料金/回線

ランニングコストは使った分だけの料金体系!
帳票FAX送信にかかるTCOを削減できます。
もちろん、自社でサーバを保有しないため、保守運用の工数が不要となり、
保守が切れるたびにシステムを検討する必要もありません。

3

充実の送信管理機能で簡単運用!

事例

FAX送信後は、お客様専用のWeb画面で、簡単に管理が行えます。
送信確認や再送・転送指示、送信原稿のPDF閲覧などさまざまな機能があります。

資料請求はこちら
自動FAX送信クラウドサービス「てまいらず」導入事例
1

長く使えるサービスが見つかりました!

  • (株)A流通様【食品卸/東京都】
  • 【用  途】注文書/納期回答書
  • 【送信枚数】9,500(枚/月)
導入前の課題
  • SVの更新に合わせて ボート探してますが見つからない!

長い間自社内のサーバにFAXボードを取り付けて使用してきましたが交換用のボードの後継が見つからず困っていました。
また、FAX送信用のソフトウェアも最初の導入時ほど選択肢が多くはなく、どれかを選択しても数年後に同じ状況になってしまうことは避けたいと考えるように成りました。

arrow
ココがポイント
ポイント
  • 利用されているユーザの多さが長く利用できるという安心感に結びついています
  • 開発は必要でしたがランニング費用の負担が減りました
  • セキュリティー対策も納得のいくものでした
利用中の法人数も多く、長期間使えそうなクラウドサービスから選択しました。
データを送り出すサーバ(PC)は、既存の機器です。
S/MIME(OP)によるメール暗号化や専用線での送信が可能でした。このような
宛先情報や送信原稿の漏洩防止策が取れる事も判断のポイントでした。
map1
map2
1

とにかくFAXが早く確実に届くようになりました!


  • (株)Bスチール様【組立製造/兵庫県】
  • 【用  途】部材発注書/納期回答書/納品連絡書
  • 【送信枚数】17,000(枚/月)
導入前の課題
  • 回線は増やしたけれどまだ遅い!
  • 不達率が高くて再送信が多く、手送りと変わらない

翌々日の工程で必要な部材を毎日発注していますが発注点数が多く、また部材メーカの注文締め時刻に間に合わせるためFAX送信にかかる時間の短縮が課題でした。
また、現在の仕組みでは不達率が高く、送り出したら終わりとならないため、締め時刻前は、届いたかどうかの確認で毎日バタバタしていました。

arrow
ココがポイント
ポイント
  • FAX到着まで、ほとんどの場合10分以内で完了します
  • リトライ回数を多く指定できるので便利です
  • 相手先に届いたFAXがなくなっても、WEB画面から再送信可能ですので非常に助かっています

DATA送り出し~送信までが、ほぼ10分以内と格段に早くなりました。
リトライ回数が多いのも選択のポイントでした。
「FAXが届いていない」という問い合わせが激減しました。
不達が発生した場合でも、メールでの連絡が届きますし、WEB上の管理画面から再送信作業を行えるので非常に便利です。

map1
map4
3

FAX送信にかかる費用を削減できました!

  • (株)C商事様【卸/広島県】
  • 【用  途】注文書/注文請書/納期回答書/出荷指図書
  • 【送信枚数】38,000(枚/月)
導入前の課題
  • 遠くに送るため、通信費が年々高くなっています
  • 8回線分の基本料金も負担が大きいです
  • 予備の回線を準備しておく余裕はありません

取引先が全国にあるため、本社のある広島から送信を行っていますが、支払額が年々上がっています。
現在は、社内SVからFAXソフトを使ってFAXを送っていますが、取引先の増加に対応するために処理速度を上げようとすると契約回線数の追加やSV自体の能力アップも必要と言われ困っていました。
リースが3年残っているため追加で費用をかけることが困難でした。

arrow
ココがポイント
ポイント
  • 既存SVをそのまま利用する事ができました
  • 全国均一単価なので支払額が減りました
  • 回線費用も大幅に下がりました(8回線→1回線)
  • サーバに依存していないし、通信ソフトやルータも色々なメーカから選べるので将来も安心です

本社から受信ポイントまでDATAを送るだけでそれ以降の処理を全てお任せする事が出来ました。
その受信ポイントから全国同じ単価でFAXを送って頂いていますので、当社のFAX費用が大幅に削減できました。

map5
map4
資料請求はこちら